2012シーズンへ向けてのご挨拶

約7か月ぶりのブログ更新となります。

あの日、突然襲った災害により、被害を受けられた方々には心よりお見舞い申し上げます。

未だ復興への道のりは遠く、福島の原発事故も終息しないまま、2012シーズンを迎えようとしております。

我々も隣県、宮城での被害の大きさに胸を痛め、支援物資の提供やスタッフがボランティア活動に参加するなど

微力ながらお手伝いをさせて頂きながら、レジャー産業のあるべき姿を考えました。

スキー場運営者は医療従事者のように命も救えず、建設関係者のように住居を確保する事もできません。

我々にできる事はただ現実を直視し、被害を受けた方々の心に寄り添いながら、1人でも多くの方に笑顔になって頂けるような施設を創る事だけです。

そのような経緯から2012シーズンのポスターはこれまでのポスターとは違い、多くの笑顔に出会える場所になろうという願いを込めた物にいたしました。

すでに9月より早割シーズン券の販売を開始し、多くのお客様にご購入いただきました。

厳しい社会情勢の中、これだけ多くの方々に期待されている事を素直に喜び、期待に応えられるよう準備を進めております。

12月17日のオープンはチャリティの意味を込め、リフト無料開放といたします。

また、被災地の小学生のスキー体験などの実施も進めさせて頂いております。

大会、イベント等は昨年以上の内容と実施回数になる予定でございます。

2012シーズンのジャングル・ジャングルは一切営業の縮小はいたしません。

むしろ昨年以上の内容のシーズンといたします。

お客様のたくさんの笑顔にお会い出来ることを願い、2012シーズンのジャングル・ジャングルをどうぞ宜しくお願いいたします。

        

            黒伏高原スノーパーク JANGLE JUNGLE  支配人 村山 徹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です